クレカ、証券口座をお得に作成ポイントサイト モッピー

【保存版】ポイ活好きが使用しているQR決済まとめ(2023年10月時点)

当サイトのリンクには広告が含まれてます。

「多少の利便性は犠牲にしてでも還元率が高いQR決済サービスを使いたい」

そんな人に今回は、ポイ活好きの私が利用しているQR決済サービスを紹介していきます。

使い勝手で選べば、PayPayを利用するのが1番良い選択肢です。
使える店舗数が1番多いのは大きな利点です。

ただポイ活好きとしては、

・基本の還元率の高さ
・自分がよく使うポイント

などを加味して使用するQR決済を決めています。

私が現在使用しているQR決済サービスは
・メイン  楽天ペイ
・サブ1位 LINE Pay
・サブ2位 AEON Pay
・サブ3位 PayPay
・サブ4位 au PAY

となっています。

主に大手携帯会社(docomoを除く)やLINEのQR決済と、イオン系列で使うことができるAEON Payを利用しています。

にしぐち

2023年10月時点での序列になります。
変更があったら随時更新していく予定です。

目次

この記事の著者

にしぐち @13bluecolor

経済的自立を目指して2017年からインデックス投資を開始
現在約1,700万円ほどを運用中
このブログでは主にインデックス投資と生活改善についての情報を発信しています

還元率の高さでメイン決済を決めている

ポイントの還元率にこだわらなければ、使えるお店の数などからPayPayが1番利便性が高いです。

にしぐち

私もポイントを気にしなければ、PayPayをメインに使用していると思います。

キャッシュレス決済は、
・クレジットカード
・Suicaなどの交通系電子マネー
・PayPay

の組み合わせで利用すれば、ほぼ全てのお店に対応できます。

ただ今回は優先順位として還元率の高さを重視しています。

QR決済は1〜2年前までは各社、ポイントやクーポンのばらまきをしていましたが、最近は以前ほどお得なキャンペーンを行わなくなりました。

そのためポイ活を重視してQR決済を選ぶ場合も、純粋な還元率の高さを重視して選ぶことをオススメします。

またポイントの使い勝手も決めての1つですが、私自身は証券会社で利用できるポイントは同列に扱ってます。

・楽天ポイント…楽天証券
・LINEポイント…PayPayポイントに変換してPayPay資産運用
・Pontaポイント…SBI証券

・WAONポイント…Tポイントに変換してSBI証券
で投資信託を購入しています。

メイン:楽天ペイ

私が現在メインで使用している決済サービス、楽天が提供しているQR決済サービスです。

楽天ペイの特徴は
・通常の還元率は1%
・楽天キャッシュという電子マネーに楽天カードでチャージすると+0.5%される(合計1.5% 還元になる)
・楽天ポイント(期間限定も含む)で支払いできる

・楽天ポイントで支払った場合でもポイント還元される

楽天キャッシュとは楽天市場や楽天ペイで利用できるオンライン電子マネーです。
楽天カードでチャージするとカード決済の0.5%還元があるため、楽天ペイの支払で合計1.5%還元になります。

楽天ペイの利点は他のQR決済サービスが還元率を改悪していく中で、いまだに基本の還元率を1%で維持していている点です。

にしぐち

楽天はこのところ改悪の話題ばかりが目立ちますが、QR決済に関しては頑張ってくれてます。

そして楽天ペイの最大の利点はポイントの多重どりができる所です。

1.三井住友カードゴールド(NL)でau PAYにチャージ(月5万円まで)
2.au PAYプリペイドカードからモバイルWAONにチャージ
3.ミニストップで楽天ギフトカードを購入(WAONで購入できます)
4.楽天ギフトカードで楽天キャッシュにチャージ
5.チャージした楽天キャッシュを楽天ペイで使用する

以上の流れで楽天ペイを使用すると合計3.5%の還元を受けることができます。

ポイントの内訳は
・Vポイント(1.5%)
・WAONポイント(1%)
・楽天ポイント(1%)

となります。

詳しくは以下の記事で解説しています。

手間のかかる方法ですが、普段の買い物をするときに実質3.5%の値引きを受けるのはとても大きいことだと思います。

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリ!
楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリ!
開発元:Rakuten Group, Inc.
無料
posted withアプリーチ

サブ1位 LINE Pay

LINE Payの利点は
・LINEクレカ(P+)と紐つけると5%還元
・PayPay加盟店で使える

などがあります。

LINE Payの1番の利点は、LINEクレカ(P+)というクレジットカードを紐つけて決済すると5%という高還元を受けることができる点です。

この還元率は他の決済手段にはない大きな魅力です。

にしぐち

私もこの高還元率に魅力を感じてLINEクレカ(P+)を作成しました。

残念ながらポイント付与の上限が月500ポイント、つまり月1万円までの決済にしかポイントが付与されません。
ただ1万円までは最優先で利用するため、ほぼメインという立ち位置にしてます。

なおPayPay加盟店でも利用できるという利点ですが、
・店頭のQRコードをスキャンするタイプ•••利用可
・アプリのバーコードやQRコードを読み取ってもらうタイプ•••利用不可

となっていて、残念ながら全てのPayPay加盟店で利用できるわけではない点は注意が必要です。

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
開発元:LINE Pay Corporation
無料
posted withアプリーチ

サブ2位:AEON Pay

AEON Payはイオンが提供しているQR決済サービスです。

AEON Payの特徴は
・イオンカードと紐つけて使う(イオンカードがないと使えない)
・AEON Pay単独のポイント還元はなし

となっており、イオンカードと紐付けすることが前提です。

そのためポイント還元もイオンカードでの支払いと同じになっています。

イオンカードの還元率は0.5%(イオン系列のお店で使用すれば1.0%)

ポイ活目線でいえば、AEON Pay単独の利用はあまりメリットがありません。

ただしイオンが近所にある人にとっては、20日、30日にある「お客様感謝デー」で利用するだけでも、AEON Payを入れておく価値があると思います。

にしぐち

お客様感謝デーで利用するだけでも十分価値があると思います。

AEON WALLET
AEON WALLET
開発元:イオンクレジットサービス株式会社
無料
posted withアプリーチ

サブ3位:PayPay

最初にもいいましたが、決済できるお店の数を考えると1番便利なのは間違いなくPayPayです。

ただ最近は魅力的なキャンペーンが減ってしまったので、使用する機会が減りました。

そのため現在では、PayPayのみのお店で仕方なく使う感じになってます。

にしぐち

LINE Payでほぼ代用できる点でも、ほとんど利用しなくなりました。

PayPayの特徴は
・使えるお店の数の多さ(特に個人のお店はPayPayのみが多い)
・基本還元率は0.5%
・PayPayカードの利用設定だと還元率は1.0%(PayPayカードゴールドだと1.5%)
・PayPayステップの条件を達成するとさらに還元率0.5%アップ

一応条件を達成すると最大2.0%まで還元率を引き上げることが可能です。

ただPayPayステップの達成条件が

・PayPayまたはPayPayカード、PayPayカード ゴールドで合わせて月30回支払う、かつ月10万円の支払い

となっているのでヘビーユーザー以外には無理な条件です。

ポイント優先で考えれば、PayPayをメインの決済サービスにするのは得策ではありません。

PayPay-ペイペイ
PayPay-ペイペイ
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

サブ4位:au PAY

au PAYの特徴は
・基本の還元率は0.5%
・au PAYにクレジットカードでチャージする際、ポイントがつくカードがある。
au PAYプリペイドカードを発行することで、
・au PAY残高をMastercard加盟店で使える。
・ApplePayに入れることで、QUICPayが使える。(電子マネー対応のお店でも使える)

au PAYはクレジットカードでチャージする際に、ポイントが付与されるクレジットカードがあります。(ただしチャージは月5万円まで)

(他社のQR決済はクレジットカードでチャージしてもポイントが付与されないケースが多いです)

この利点は大きく、

三井住友カードゴールド(NL)1.5%+au PAY0.5%で合計2.0%

の還元を受けることができます。

またau Payのもう1つの利点として、
・プリペイドカードを発行

・Apple Payに入れる

ことでQUICPayが使える点があります。

電子マネーが利用できるお店でも決済できるのは大きいです。

にしぐち

だ私はほとんど楽天ペイの多重取りでしか、au PAYを利用してません。

そのためこの順位に落ち着いてます。

au PAY チャージや残高確認できるauのスマホ決済アプリ
au PAY チャージや残高確認できるauのスマホ決済アプリ
開発元:KDDI CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

以前使用していたQR決済

以下の決済方法はキャンペーンによるポイント還元を利用するために、以前お世話になっていました。

・d払い
・ファミペイ
・メルペイ

現在はアプリを入れてあるだけでほぼ利用していません。

一応それぞれの決済サービスの利点に軽く触れておきます。

d払い

d払いの特徴は
・支払いにdポイント(期間限定も含む)が使える
・基本の還元率は0.5%
・dカードで支払う設定にすると還元率1.0%
・docomoユーザーは電話料金合算払いを利用することで、0.5%+クレカのポイントを得られる。

d払いを使う利点は、docomoユーザーが使える電話料金合算払いです。

これは名前の通りd払いで支払った金額を、当月の通信料金とまとめて支払うことができるサービスです。

このサービスを利用すると通信料金と同時にクレジット決済できます。

そのためd払いの還元率0.5%とクレジットカードで還元されるポイントの2重取りが可能です。

にしぐち

私もahamoを利用していた時は、この利点を活かして決済をしていました。

ファミペイ

・ファミマTカードや、一部JCBカードでチャージするとポイント還元される
・5と0がつく日はPOSAカードの購入で1.5%還元

POSAカードの購入する場合は、ファミペイを利用することで高還元が実現できます。(楽天ギフトカードは除く)

メルペイ

・d払いが使えるお店で使える
・メルカリでの売上金をそのまま使える
・プリペイドカードを発行すると電子マネーiDが使える

にしぐち

メルカリユーザーならメルペイはよく利用しているかもしれません。

まとめ:還元率の楽天ペイ、使いやすさのPayPay

今回はポイ活好きの私が使用している、QR決済サービスを紹介してきました。

現在使用しているQR決済は、以下の通りになります。(私が使用した場合の還元率も載せています。)

・楽天ペイ(還元率3.5%)
・LINE Pay(還元率5.0%)
・AEON Pay(還元率1.0%)
・PayPay(還元率0.5%)
・au PAY(還元率2.0%)

私はクレカの還元率や特典を利用して、高還元のQR決済を作っています。

三井住友カードゴールド(NL)や、LINEクレカ(P+)を利用する前提の還元率になってますね。

ただそれを抜きにしても、基本の還元率は楽天ペイが1.0%と他のQR決済より高い点は変わりません。

そのため、
・ポイントを少しでも多く得たい人は楽天ペイ
・使い勝手を優先する人はPayPay
をそれぞれメインで使用することをオススメします。

関連記事

人気記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次